少女と戦争と。『COCOON』今日マチ子

ひめゆり部隊 昭和モダン
ひめゆり部隊

美しい沖縄の風景の中、ユリを手に持つ少女の足もとには鮮やかな血があふれてる。そんな表紙の絵がひきつけられる。

ひめゆり部隊をモチーフに、少女の空想と戦争の悲惨さを描いた今日マチ子さんの漫画『COCOON』。

沖縄戦。島いちばんの女学校に通うサンは、親友のマユや学校の仲間と共に看護隊として働くことになる。
ウジのわく野戦病院、血の匂い。腐った死体。爆撃で内蔵や首が吹き飛ばされ、死んでゆく仲間たち。

著:今日マチ子
¥708 (2024/07/10 23:54時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

凄惨な戦場という現実の中で、サンは空想という繭でを己の少女性を守ろうとします。

はっきりいいます。読むのがつらいです。
でも、読み始めたらもう、目をそらすことはできません。

そして、よかったら読んでみてください。悲惨な現実と、かわいらしい空想が共存するこの世界を。

女学校でかわいいものや、美しいものに囲まれていたのに、いきなり武骨で悲惨な戦場の様子に怖がるサンに、マユはおまじないをかけてあげます。

「男の人はみんな白い影法師、自分たちは雪空のような繭に守られているー」

やがて戦況の悪化により病院は閉鎖に。学校へ戻ろうとするサンたちですが、彼女たちの進む道には、同胞の遺体が…

さらに悲惨な出来事に遭遇するサン。空想の繭は外側から破られてしまうのでしょうか…

少女と戦争

物語の中で兵士たちは白い、顔のない姿で描かれています。

作者今日マチ子さんはあとがきで「少女時代の潔癖さで、男性の存在がないようなものとしてふるまっていた思い出から」と書かれていました。

私も少女時代、戦争で女性が傷つく話を見聞きするうちに男性が嫌いで、存在しなければいいのに、と思ったことがあります。

空想の繭で守られた少女の世界には、きれいなもの、美しいものしか存在してはならないのです。

読んでいて一番つらかったのは、サンが日本兵に○○○されそうになる場面です。

(嫌いな言葉ですし、ワードめあてでスパムコメントがくるので伏せ字にしてあります)怒りと憤りと、あまりの凄惨さに吐きそうになりました。

実際、こういうことも戦場ではあったのかもしれません。こういう場面を読むと、どうしても冷静になれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました