エモい百人一首『超訳百人一首 うた恋い。』 杉田 圭

百人一首 恋愛
百人一首

超訳百人一首 うた恋い。』は平安末期の歌人・藤原定家が集めた小倉百人一首を題材に、超訳した和歌をベースにした恋愛漫画です。

最近の歴史マンガ系とおなじく、登場人物たちがみんな美しいし、ギャグ要素もありますので、楽しく読める百人一首本です。

著:杉田 圭
¥940 (2024/01/03 18:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

2024年大河ドラマの平安ブームにのって読んでおきたい。

表紙の絵は平安の美男子在原業平と清和天皇の女御・藤原高子(たかいこ)。美男美女カップルですね。

在原業平と藤原高子

恋人同士だった業平と高子(たかいこ)。駆け落ちまでした二人ですが、高子は天皇の后となってしまいます。

後に高子に招かれた宮廷サロンで、業平は二人にしかわからない、昔の恋の名残を有名な和歌にこめて歌います。

これぞ大人の恋愛って感じです。

「ちはやぶる 神代かみよも聞きかず 竜田川 からくれなゐに 水みづくくるとは 」

藤原定家と式子内親王

主人公・藤原定家さんと、式子内親王との恋物語は切ない恋。
内親王、それも斎院(賀茂神社に仕える未婚の皇女)だった式子内親王は自由に結婚ができる身分ではありませんでした。

そのため、家司としてつとめる定家さんと「恋愛ごっこ」の和歌をつくります。

ままならない人生に、「歌だけは自由」だという式子内親王の心情が切なくって…
定家さんも式子様のことを愛しているのです。が、もちろんどうにもすることはできません。

平安時代、不自由な身を嘆きながらも、人々はいろいろな思いを込めて和歌をつくってきたんだなと思いました。

斎宮との道ならぬ恋

その他中関白家・伊周の息子の道雅と、伊勢斎宮だった当子内親王との道ならぬ恋の歌も悲しく、美しいものでした。

いまはただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで 言ふよしもがな

中関白家は藤原道長の謀略よって落ちぶれてしまったので、道雅は暴れまわることが多くなり「悪三位」と呼ばれたとか。そんなヤンキー道雅も当子様との恋は真剣だったんですね…。

うた恋い。シリーズ

『超訳百人一首 うた恋い。』…百人一首選者の藤原定家と式子内親王の恋

『超訳百人一首 うた恋い。2』…在原行平と猫のおまじない和歌

『超訳百人一首 うた恋い。3』…バリキャリ清少納言と愉快な仲間たち

『超訳百人一首 うた恋い。4』…小野篁、紀貫之などマイナー歌人の面白エピソード

『うた恋い。和歌撰 恋いのうた。』…描き下ろし漫画と和歌の解説本

『超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。』…ツンデレ院貞明と奥さんのムズキュン恋愛

『超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2』…紫式部のと藤原公任とのバトル

コメント

タイトルとURLをコピーしました